偏光レンズとは

HOME > 偏光レンズとは

レンズの種類と偏光機能について

偏光レンズとは?

偏光レンズは、反射光や照り返しなどの眩しい光を遮断し、快適な視界を確保します。
眩しい光だけでなく、有害な紫外線も遮断し、目に優しい自然光のみを透過します。
偏光度・可視光線透過率・レンズカラーによって効果に差があります。

偏光度とは?

偏光度とは、乱反射などの雑光をカットする割合を指します。
偏光度の数値が高くなるほど、高性能の偏光レンズとなり、クリアな視界を確保することができます。

可視光線透過率とは?

可視光線透過率とは、可視光線を透過する割合です。
可視光線透過率が低くなるほど、光をカットする割合が大きくなり、強い日差しを遮ることができます。

偏光レンズとは

偏光レンズの特長

一般的なレンズと偏光レンズの違い

フロントガラスへの映り込みが完全に消え、前方がクリアな視界になります。

偏光レンズ未使用
偏光レンズ使用

水面の眩しい反射光が完全に消え、水底まではっきり見ることができます。

偏光レンズ未使用
偏光レンズ使用

こんなシーンにオススメです

釣り

水面の眩しい反射光が完全に消え、水底まではっきり見ることができます。

ゴルフ

芝からの反射光がおさえられ、芝目がよく見えるようになります。

スキー

雪の反射を軽減させ視界をクリアにします。

サイクリング

路面からの照り返しを防ぎます。

ドライブ

対向車やビルからの反射、フロント硝子の映り込みが完全に消え、クリアな視界になります。

パソコン作業

ブルーライトをおさえ、モニターの色を鮮明にします。眼精疲労の軽減にも。